魂の旅路

新しいレムリアン__レムリアン・ルーツクォーツについての考察(2)

DSC_3149_201905061307518f5.jpg


レムリアン・ルーツクォーツは、国内の業者さんによって「Pure Ray ピュアレイ」とネーミングされています。ブラジルのバイーア州のアレグレ鉱山産。ミナスジェライス州との州境にあり、コリントやセラドカブラルのあるエスピニャソ山地の北部にあります。

調べてみた所、ツーソン新着なんですが、日本以外ではあまりオンライン上には上がっておらず、イギリスでリリースされているのですが、ミナスジェライス州のコリント産となっていました。問い合わせてみた所、間違いはなく、両方で発掘されたか、もしくは卸の情報源が間違っているかということ。

イギリスでは"Code Keeper of Freedom"というネーミングになっています。今回こちらからも比較すべく数点入荷しました。ほぼ同じ物だと思われます。イギリスから来た解説を一部ご紹介します。



Code Keeper of Freedom(以下コードキーパー)は、ブラジルはミナスジェライス州コリント産のユニークなクォーツです。レムリアンシードの母岩のようであるため、ブラジルでは"Root of Lemurian"と呼ばれています。これらのクリスタルは、このクリスタルが持っている、そしてリリースしようとしている情報を私たちが受け取る準備が出来た今だからこそ発見されたのです。コードキーパーは多次元のデータベースです。

コードキーパーは、サードアイ、クラウンチャクラ、ソウルスターチャクラを開き活性化させます。これはあなた自身の誕生の光であり、あなたを再び目覚めさせ、純粋な自分自身になることを促し、自分自身が望むものならどんなものでも創造することを叶えます。

このクリスタルのユニークで自由な形があなた自身を自由にし、より開かれた知性や啓蒙と共に生きることを可能にします。個人レベルだけでなく惑星レベルでバイブレーションを変化させることを可能にするでしょう。




全文を読むとルーツクォーツに最大級の賛辞を送っています。私も同感です。ルーツクォーツはフリーフォームなので形から判断出来ないので画像から素晴らしさがわかりにくいと思いますが、実物を見て取れる業者さんの所では取り合いになるほど大人気でした。私も今回この石の不思議を探るべく、原石、ポイント、クラスターと三種類オーダーしました。


有機的な形であること。これが石(水晶)に対する概念を大きく変えます。六角形の水晶ポイントが一つの完成形ならば、こちらは未完成の始まりの状態。形から美しさ、価値を図ることができません。創造の源のように原型のないものです。そしてこういう石が出て来る、水晶で出て来るということは、私たちの意識、フォーカスが形のないものへ移って行く、もしくは私たち自身が水晶からイメージを受け取って行く、その過程なのかもしれません。


今回長い解説を書いたのは、形から価値を図るのが難しいと思われたからです。オンラインショップで画像のみで判断して頂くため、説明が必要だと思いました。

まだあまり情報がないのは、各所で探求している最中なのかもしれません。どこからかリーディングが出ないかずっと待っているのですが、出て来る気配がなく、私ももっと情報を精査してから出したかったのですが、いい加減書かないといけない気がしました。レムリアン・ルーツクォーツに関して、ご紹介した解説は一番早いかもしれません。それがイギリスからリリースされたということに、やはり感じるものがあります。イギリスと日本は共にユーラシア大陸の端っこにある島国であること、オカルティズムやスピリチュアルが盛んなのも共通しています。イギリスと日本はユーラシア大陸を挟んで対角にある島国かもしれませんね。

日本ではクリスタルの光の輝きの美しさからピュアレイ、イギリスでは形のユニークさからコードキーパーと名付けられたのは洋の東西の感性の違いをよく表していて面白いと思います。

関連記事
スポンサーサイト



Stone marble

Mythtic, Astrologer & Naturalist reading and sending crystal messages metaphysically from earth, on who we are, where we came from and where we are going.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。